-

加盟店でどれもの契約カードが切れるのでもない▼カードの契約店舗はだいたい複数のクレカの運営会社に入っていますが、残念ながら一切の契約店でみなの会社のクレカが使用できるわけでもありません。

一例をあげれば古いタイプのショップの場合はJCBロゴの書いたそのカードしか切れないときもありますし、今日日の加盟店舗なんかではVISAとマスターカードのブランドのついたやつしか使用できないときもあります。

銀聯カードなんかのクレカ会社の場合には、よけいに決済できない場所が増えるでしょう。

どの所有クレジットカードが使えるかをどんな方法で見分けると良いのか「それならどうやってどの所有カードが使えるかを確かめたらいいか?」といってはみたものの、本当のところを知るのだったら店舗の担当者に尋ねてみるしかないていうのが正直なところ正解。

でもほとんどの商店やショッピングセンターには店舗前のドアのスペースに決済可能なクレジットカード会社のサインがプリントされている認証マークが貼られているので、「そうか、そのショップはアメックスが使用できるのだな」というのが分かりやすいようになっているし留意しておいてください。

しかし、しっかり案内が出来ていない加盟店舗で使うときには、ロゴが貼り付けられているショップでも「ここではお持ちのクレジットカードは使えません」等の答えを受けてしまうなどという状況もないともいえず、メンツをつぶされてしまうことだけは避けたいところです。

やはりできる限り十分な数の加入店でカードが使えるようにするためにも別の種類のロゴ(国際ロゴ)がプリントされている一般的なビザカードマスターカードダイナーズアメリカンエキスプレスカード、などのカードをいくつか携帯するようにしたほうがよいと思います(例として:セゾンカードをいつも使っているならその次は銀聯カードブランドのクレカを持つ等)。

とりわけ国内ではVISA、MasterCard、JCBの3つのカード会社が入っているクレジットカードをそれぞれ所持していれば、だいたい日本各地の契約店舗で少なくとも1枚のカードを決済することが可能です。

クレジットカードをいつも財布に忍ばせて有効的にスマートな支払いを目指すためには、別々のクレカを作っておいて損はないでしょう。