-

融資を受けたケースは、返済自体をする時には利率を含めての支払いになるのは知っていると思います。銀行又は金融機関は利益を狙いとした企業なのですから当たり前です。ですが返金する方は、少しでも少なく払いたいと思うのが本当の気持ちでしょう。利息制限法が適用される前は30%近い利息返していましたが、適用後は高利子でも年率18%位といくぶん低く設定されていますので、随分お得になったようです。今のローンキャッシングの利子範囲は4%位から18%位の幅に定められていて、利用上限額により決められます。利用可能額は申請者の与信によって決定します。総量制限により収入の1/3までと決められていますので、収入がいくらなのか?どういった職業についているのか?キャッシングカードの利用状況はどうなのか?もろもろ見られ与信金額としてカードの内容が決まります。カードキャッシングの場合使用可能額が10万円〜800万円(各社でサービスは異なります)と広い枠があります。そうしてその間の中で決まった利用できる金額により利率も決まります。50万円なら年率18%、300万円なら年間12%、800万円なら年間4%といった具合になります。つまり、評価が高評価であれば、与信金額も多くなり、利子も低くなるというわけです。この金利に矛盾を感じるのは私しだけでしょうか?余談となってしまいますが、銀行又は金融機関にとって、これらの事実は常識でしょうが、収入の高い人がキャッシングができないと困ると考えずらいですし、万一キャッシングサービスを利用した場合でも金利が高かろうが低かろうが、お金を返す事に追われる事はないと思います。反対に一年の収入の少ない人は直ちに必要だからキャッシングするという方がいて、利子が高いとお金の返済に追われることになります。このため使用可能幅の良くない人こそ低利率で使えるようにするべきです。これらは使う視点からの考えとなります。これらを踏まえて、利率を低くする為にはどうするべきかぼんやりと理解したのではないでしょうか。実際にこれから記述方法で、申請する人が大多数なので説明しますと、カードローンの申請をする時に、年収の1/3ぎりぎりの額まで申込みを行うのです。年収450万円なら150万円。年収600万円なら200万円。年収900万円なら300万円で申し込み、カードローン審査で満額通ればそれだけ利息が良いキャッシングできるカードを手にすることができるのです。であっても限度額ギリギリまでキャッシングしなければいけないわけでもないのです。15万円でも40万円でも必要な分だけ使用可能です。さらに最高利用可能額が300万円で最低利率年7%位の金融会社も存在しますので、その金融会社に申請すればその業者の最低利率で返済できるようになるはずです。どう思いましたか?やり方を変えるだけで低利子のキャッシングできるカードを持参することが出来るはずです。自身の年収とローン業者の利率を並べて、考える事さえ怠らなければ、より望ましい状態で借りれるため、ちゃんと確認するようにしましょう。